限られた愛と時間

ぬるいジャニヲタのダイエット&片付け日記

4日目

・体重-0.6㎏

・距離5.08km 時間1:02:45 カロリー449kcal

・BGM

KISS FOR U/Kis-My-Ft2

片想いの小さな恋/テゴマス

孤独のRUNAWAY/A.B.C-Z

青いベンチ/テゴマス

シャレオツ/SMAP

愛のかたまりKinKi Kids

Mistake!/SMAP

ダイスキデス/Kis-My-Ft2

Tokyo Lovers Tune Night/嵐

Flashback/嵐

T.W.L/関ジャニ∞

はじまりのうた/SMAP

マダ上ヲ/嵐

Sexy Summerに雪が降るSexy Zone

 

とうとう目指してた5㎞に到達ーー!! 体重も少し減少。

時間も1時間超え。よくやった! えらいぞ私! 

キミはなんて頑張り屋なんだ、ボク、君のそういうところが大好きだよ……とかいうセリフを十代の頃なら自担の声で脳内再生してこの快挙にヘラヘラしていただろうけど、もう結構イイ年なのでそんな幸せ脳にはなれない。

むしろ4日で5㎞いっちゃったら明日からどうすんの? ハードル上がりすぎてやべぇ!とか思っているので、今からもうハードル下げとく。

よくお聞き、明日はね4㎞くらいでいいんだよ、私……。

 

さて、今日のBGMはラブソング特集だった。

熱く激しい恋から優しく包み込む愛、キュンキュンする青春のときめきから大人の男女の駆け引きまで、豪華ラインナップでお届けしてくれた私のウォークマンちゃんありがとう。

キスマイはやっぱ名前にキスが入ってるだけあって、いつでもすげーキスを押してくるよね……や、まぁそこが大好きなんですけど!

大好きといえば「ダイスキデス」は可愛いくて優しい歌で聞いてて本当に癒される。仕事で疲れて帰ってくるOLさんとかに本気でお奨めしたい。

あの舞祭組パートの怒涛のダイスキ攻撃はユンケルより効くよ! 騙されたと思っていっぺんクタクタに疲れた終電とかでヘッドフォンで聴いてみ!

ガチで泣くから。特に最後のダイスキデスはイイよ!

あ、散々舞祭組のダイスキを押しといてごめん、最後だけ違うみたい。で、ここが一番イイとか思っててごめん。

あれ歌ってんのたいぴー? 玉ちゃん? 聞き分けられてなくてすまん。

 

テゴマスは私はまっすーの歌声の方が好きなんだけど、ソロ部分で心揺さぶられるのはテゴにゃんの方だっていうこの矛盾。

テゴマスの歌を聴くと、いつでも学ランの男の子が頭に浮かぶ。で、女子は結構なギャルな。

普段はギャーギャーうるさいギャルが、その男の子の前でだけちょっと乙女。バッサバサのツケマがなんだか少し恥ずかしくて、俯きがちになっちゃうの……そんな私の人生に欠片も存在しなかった青春のいちページが、私の中のテゴマスです。

 

キンキの「愛のかたまり」は、もう私なんかが語る言葉を持たないくらいの名曲。

これがソロでもトリオでもグループでもない、この世にふたりぼっちのキンキが合作で作った曲とか、もう萌えしかない。

幸せなカップルを女性目線で歌ってるラブソングだけど『あまりに愛が大きすぎると失うことを思ってしまうの』ここに込められた幸せの中にひっそりと隠れている喪失への不安がたまらなく胸を打つ。

 

SMAPは「シャレオツ」と「Mistake!」で散々大人の男に酔わせてくれてウットリ……って思ってたら放り込まれた「はじまりのうた」。

でもこういう応援歌を肩肘張らず明るく歌うのが、やっぱ大人の男だし国民的アイドルの証なんだろうなぁ。

 

嵐はもう聴き過ぎて、こういうながら状態だと結構脳内からスルーっと抜けていってしまう。でも「マダ上ヲ」のサクラップはやっぱテンション上がるわ。『ほとんどが見えずにshadow なの(嗚呼…)』のとこの翔さんの色っぽさな! 大好き!

 

エビは元気で明るい歌がとても似合うね。ニコニコしながら歌う5人の姿を見てるだけで明日も頑張ろうって思える。『苦しみを情熱に変えて』とか『こぼれた汗をぬぐって』とか、歌詞がすごくエビにリンクして聴こえるから、この曲が初のアルバムに入ってるってことがとても嬉しい。

 

セクゾのセクサマはただもうジャニが好きなら黙って聴け、としか言えない。

 

VS嵐のハワイ、すごーく楽しくて幸せな時間でした。

スタッフ本当にありがとう。

ボロボロに泣いちゃった大野さんと一緒に、私も泣いた。

普段は何にたいしてもすごくフラットなのに、嬉しさと感謝であんなに泣いちゃう大野さん。イイね!

ウンチク盛りだくさんの翔さん、そういう翔さんが好きなんだ!   キャーじゃねぇよの言い方にすっげぇ萌えました。

あとはしゃぐメンバー見て顔くしゃくしゃにして笑ったり写真いっぱい撮ったりしてるところ。大事な挨拶はリーダーにお任せするところ、やっぱりお母さん。

聞き上手で相槌上手、後部座席の真ん中に当たり前みたいに座ったり荷物いっぱい持ってくれたり、皆にフォーク渡してくれたり、優しさのかたまりでしかない相葉さんが男前すぎて、じぇいじゃないけどマジで惚れそうよ。

この木なんの木を歌っちゃうくらい浮かれてるニノさんが可愛い。大野さんとじゃれ合い、翔さんを弄り、相葉さんに突っ込み、松本さんの話に頷き。忙しいな、ニノさん。お疲れ様。

たくさん話してたくさん笑ってオシャレなパスタも作って、終始ご機嫌だった松本さん。楽しかったんだね。良かったね。

でもこんなとこでもライブの反省しちゃうのが、やっぱりじぇいのじぇいたる所以。

みんなすごく楽しそうで幸せそうで、見てる私もすごく嬉しくて幸せで。

15周年本当に良かったね! おめでとう! ありがとう!

広告を非表示にする