読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限られた愛と時間

ぬるいジャニヲタのダイエット&片付け日記

利き脳

利き脳、という言葉をライフオーガナイザー講座で初めて聞いた。
どうやら片付けや収納界隈では、結構メジャーな言葉らしい。
片付けブログは散々読み漁ったはずなのに、いつでもすぐに取り掛かれそうな片付け方法や収納方法にばかり目が行っていたから、そのために必要な理論や根拠や仕組みはすっ飛ばしていた私。
いかに早く、簡単に、楽に片付けられるか。それが重要だったから、分かりやすく写真が添付してある収納術ばっかり読み漁ってた。
ライフオーガナイザーのブログも読んでいたのに利き脳を知らなかっただなんて、いかに私がスキルばかりを欲しがって、ロジックには目もくれてなかったかといういい証拠だ。


で、遅ればせながらも知って、講座でチェックしてみたわけです。
結果は『左・左脳タイプ』でした。

 

『左左脳の基本的な傾向』
・何事にもリスクを考えた慎重派
・結果より過程を重視する傾向
・数字や計算式など文字情報に比較的強い
・シンプルな見た目、内容が好き
・デザインよりも機能性と合理性を優先

 

『左左脳の得意なこと』
・慎重な下調べや比較
・データ処理、数字化、適切な文字化
・合理性を重視した無駄のない計画

 

『左左脳の苦手なこと』
・10年後を想像する
・直感で選んだり意見を出したりする
・たくさんの色や音の認識

 

『左左脳の収納キーワード』
・捨てすぎることがあるので注意
・迷ったら仕切る
・効率を上げるためのラベリング
・リストで在庫管理を徹底する
・使用頻度順に使う場所の近くに配置

 

左左脳は『最も従来型の片づけに向いているタイプ。仕組みさえできてしまえば、いつもきれいな空間が保てます』とのこと。
はぁ~~?? こんなにお片付けられない人が片付けに向いてるって嘘でしょ!?
最初はそう思ったけど、よくよく読んでみたら当たってる所もいくつかあった。


例えば、慎重派なところ。
10年先を想像するのが苦手ってところも合ってる。
「左左脳の人は遠いゴールは苦手」ってのもあって、これにも頷けた。

慎重な下調べや比較が得意ってのも分かる。
ちょっと話はずれるが、私は本でも映画でもネタバレ大好き派だ。いや、むしろ先が分かってないと安心して楽しめない。

自担のドラマやバラエティも、リアタイは滅多にせずに、大抵ツイやブログなんかで結果や流れを知ってから見ている。
推理小説でも犯人が誰かを知らないと落ち着かないから、最終章から目を通す。
ジャニライブもそうだ。
ステージ構成、セトリ、ソロを披露する場所、衣装。
出来るだけ先に知りたいし、情報を仕入れていればいるほど、安心して楽しめる。
初見だからこその感動やトキメキやワクワクは、理解は出来るけれど私にはあまりピンとこない。
むしろ先に仕入れた情報と答え合わせのように照らし合わせていく瞬間が、一番楽しい。

 

数字が好きで、時系列だと落ち着くってのも分かる。
ジャニゴトをディスクに落とすとき、容量いっぱいまで計算しながら焼くのが好きだし、順番は出来るだけ時系列になってないとイライラする。
データ処理、数字化、適切な文字化も分かる。
ジャニゴトを手帳に細かく書き込むのが好きだし、自分の一日のToDoリストを書き出すのも大好き。それが計画通りに消化できて、二重線で予定を消していく瞬間にたまらない満足感を覚える。

 

という自分に、利き脳という言葉と出会って初めて気付いたのです。遅いww
いやー、ビックリ。
むしろ私は面倒くさがりで飽きっぽくて、細かく何かを決めたり考えたりするのは苦手だと思っていた。
なぜなら、ぜーんぜん片付けが出来ない人だから。
片付け上手な人って、マメですぐに動けて、細かい作業が得意な人だってイメージ。
そんなの私とはまったく真逆の人だわ。
だからウチは片付かないんだなって思ってたんだけど……そういう自分に気付けたから、今までとは少しは変わる……かもしれないww

 

あ、ただたくさんの色が苦手、思い出よりも合理的っとこだけは当てはまらないです。

私は色が大好きだし、機能や合理的よりも思い出を大切にしたい。

これってどっちかといえば、右脳の人の考えらしい。
でも、これはたぶん私がヲタクだからなのかも。
ジャニヲタは色に対するこだわりが強い人が多いように思う。
メンバーカラーというものが存在しているため、自分の趣味や嗜好よりもそっちに引っ張られてしまう。

もちろんまったく意に介さないヲタも大勢いるだろうが、私は結構その傾向が強い。
ジャニヲタになる前は2次元ヲタクだったのだが、その時もシンプルな物よりポップでカラフルでゴチャゴチャしている色遣いが大好きだった。

そういうものを可愛いと思っていたし、集めていた。
そういう環境でずっと育ってきたからか、色に溢れた空間が大好きだ。
自分が左左脳と知って思いついたのだけれど、私は好きなくせにそういう色遣いを自分がイメージして作り出すのは苦手だ。
でも苦手だからこそ、そういうモノを作り出せる人に対する憧れがとても強い。その憧れを少しでも自分のものにしたいから欲しくなる。
ジャニヲタになって、そこに自担カラーやメンバーカラーという思い入れが乗っかるようになった分、色に対するこだわりは余計に強くなった。


さて、はたして気持ちよくシンプルに生きてみたいって気持ちと、好きなモノに囲まれて楽しく生きたいって気持ちと、私が優先する価値観はどっちだろう。あぁ、共存って手もあるのか、ということをトコトン考えることから、私の片付けは始まっている。

 

他のジャニヲタの人たちの利き脳って、どうなんだろう?
どういう収納してるんだろう?
まぁ利き脳は環境や訓練でも変わるらしいので、ヒントのひとつ、目安のひとつで万能ではないらしいんだけど。
ちなみに今日会った友人に利き脳チェックをやってもらったら、彼女は私と真逆の右右脳だった。
右右脳の特徴をいくつか伝えたら「結構当たってる」と。

ただ右脳の人が得意な色に溢れた空間は好きじゃないって言ってたから、そこはまさに左脳的で、そんなとこまでお互い正反対なのか!とすごく盛り上がった。
当たってる当たってないはともかく、話のネタにはなる利き脳。
自担にやってみてもらいたい。絶対、左左脳な気がするww

 

 

広告を非表示にする